オススメのウルトラハイフのお試し方法

短期間で痩せたい、食事制限や運動などダイエットにあまり手間をかけたくない方に人気の方法がHIFU(ハイフ)です。これは余分な皮下脂肪に超音波を照射して、脂肪細胞を破壊する施術です。虫メガネに光を通して紙を燃やす要領で、体の中の脂肪やセルライトを柔らかくしていきます。施術後は照射部分が柔らかくなったことを実感でき、破壊された脂肪は4週間程度で体外に排出されます。ハイフが他の脂肪吸引と比べ優れている点は他にも、痛みや傷痕が残らないことが挙げられます。超音波の照射は脂肪の厚い部分に行うので、痛みは起こらずチクチクした感覚があるくらいです。アザが残るのではないかと思う方も少なくありませんが、他の脂肪吸引の施術のように皮膚の切開や穴を開ける必要もない安全な方法です。ハイフはエステサロンで使われる程度の出力であれば、アザは残りません。

安価・正確・効果的なウルトラハイフ

こちらのハイフは、熱の体感があるサーマルハイフを使用した施術です。そのため、熱を感じない通常のハイフと比べ、少しの熱さを感じます。その熱による収縮効果と超音波の振動により脂肪細胞を効率良く破壊し、施術直後から効果を実感できます。また、リバウンドもありません。照射したい部分の範囲を決め、機器に入力することで脂肪細胞の破壊に必要なショット数を正確に割り出せます。そのため一人一人に合わせた正確なハイフを行えるので、施術をしたのに効果がなかったということはまず起こりません。一番のメリットは、通常のハイフと比べ安価で施術ができる点です。1ショットでの比較では高くなりますが、こちらは少ないショット数で効果が得られるため、結果的にリーズナブルな価格で施術が受けられます。

ウルトラハイフをこれから始める方に

前述したように、この施術は安価で受けられるため初めての方におすすめの方法です。通常のハイフであれば安い医院でも1万弱の料金はかかります。それに対してウルトラハイフはおよそ5000円で施術を受けられます。その分ショット数は少なくなりますが、最初はショット数にこだわらず施術を受けることをおすすめします。副作用に個人差はありますが、人によって痛みや熱を感じることはあります。痛みを我慢し続けるとアザや内出血が起こりかねません。他のハイフには1万を超えるショット数の施術も存在します。そちらを先に体験し副作用が発生した場合、その治療に長い期間がかかることもあります。ショット数が少なく、正確なウルトラハイフであれば副作用も起こりにくいと言えます。それでも、施術は担当の医師とよく相談し痛みを我慢しないことを覚えておくべきでしょう。