どういった部位にウルトラハイフが有効か解説します

ウルトラハイフとは、ハイフ原理を美容分野に応用したダイエットマシンです。超音波を照射することで皮下脂肪にだけピンポイントでエネルギーを与え、皮膚に影響を及ぼすことなく効果的に熱を送り込めます。脂肪細胞に直接はたらきかけるので、効果がスピーディに実感できるのが魅力です。通常のハイフは体感がほとんどありませんが、サーマルハイフを採用しているため熱による体感が存在します。脂肪の影響で流れが滞っていた老廃物や水分が全身へ流れていき、施術した直後にもデコボコした脂肪のケアやサイズダウンの実感が期待できます。エステサロンのダイエットメニューの中には、効果は高いものの1回の施術が高価でなかなか利用できない場合がありますが、ハイフは比較的リーズナブルな費用で施術を受けられるのも特徴です。

ウルトラハイフが有効にはたらく部位

ウルトラハイフは通常の脂肪に効果があるのはもちろん、ダイエットで落とすのが難しいセルライトに効果が高いのが特徴です。そのため、ウエストや二の腕といった部位への使用が向いています。セルライトが特に付きやすい足回りもおすすめで、太ももやふくらはぎの部分痩せを希望する場合におすすめの施術です。脂肪細胞が変化した塊のセルライトは、エステサロンなどで施術に用いられるマシンを使い柔らかくほぐした後、マッサージで体外に排出させることで解消できます。セルライトが付いているか確かめるには、気になる部位を手の平で掴んで軽くねじってみると、皮膚の下にデコボコとした塊があるのがわかります。ねじらずに目で見て皮膚のデコボコがわかる場合、大量のセルライトが付着している可能性があるので注意しましょう。

安全性が高いので安心して施術を受けられます

もともとハイフは医療目的として開発された技術で、安全かつ高いアプローチ力が注目され、美容分野で痩身エステマシンとして応用されるようになりました。ハイフの仕組みは、超音波を高密度で照射することで、痩せたい部位のみを温度上昇させアプローチします。レンズを使って光を集中させるように、ピンポイントで効果の高い温度上昇効果が期待できます。 ハイフ痩身は、脂肪細胞に直接熱エネルギーを与えるため、リバウンドしづらくなるのもメリットです。さらに発生する熱エネルギーは、肌のコラーゲン増加にも役立つため、潤いあるハリのある肌へ導くことができます。ウルトラハイフは使い方の簡単な瘦身エステマシンで、照射する範囲を入力すると範囲に合わせたショット数が自動的に算出するようになっています。つまり、誰が行っても正確な施術が可能となり、施術者のスキルによって効果にバラつきがなくなるので安心です。